あらかわ画廊にようこそ    

2017/6/23 金曜日

- 移転記念 - 平澤重信展

Filed under: 絵画, 記念展 — mayumi @ 20:02:50

2017年7月3日(月)から14日(金)
AM11:00からPM6:00
(日曜休廊 / 最終日4時終了)
ara20170703ss.jpg

目に見えるモノを失ったとしても
その覚悟さえ座ってしまえば
そこには自由が待っている
平澤重信

オープニングパーティー
7月3日 (月) 4時-6時

2013/5/19 日曜日

久保舎己 木版画展 - 画集出版記念 -  

Filed under: 版画, 記念展 — mayumi @ 18:20:46

2013年6月3日(月)から12日(水)
AM11:00からPM6:00 (日曜休廊・最終日4時終了)
◇土曜日は15時以降、ビル入口が閉まっておりますので入口にてお電話頂きしだい解錠いたします。

ara-20130603s.jpg

モノクロの木版画で、一貫して”個”の追求をしてきた久保舎己。今年、ドイツ・日本で木版画集を同時出版し、果敢に表現の発信を続けている。 本展では、初期作品から近作まで版画集より抜粋して展示。長い彷徨を経て表現が辿りつくところは何処なのか。
阿部万穂

2013/5/1 水曜日

平澤重信 ドローイング展 - 開廊10周年記念 -

Filed under: 絵画, 記念展, ドローイング — mayumi @ 14:44:18

2013年5月13日(月)から24日(金)
AM11:00からPM6:00 (日曜休廊・最終日4時終了)
◇土曜日は15時以降、ビル入口が閉まっておりますので入口にてお電話頂きしだい解錠いたします。

ara-2013-0513-s.jpg

「縁尋機妙」縁が縁を呼んで幸運を招くという。たくさんの作家の方々にご縁をいただき、甘酸っぱく、幸せな10年に感謝申し上げます。今回は平澤重信の瞬間の素顔に迫りたく、タブローにはないナマなところも魅力である素描にあえて焦点を絞りました。
ぜひとも、ご高覧賜りますように、お願い申し上げます。 荒川みはる

2013/4/16 火曜日

佐藤 哲 展 - 開廊10周年記念 -

Filed under: 絵画, 記念展 — mayumi @ 21:11:48

2013年4月22日(月)から5月2日(木)
AM11:00からPM6:00 (日曜・祝日休廊・最終日4時終了)
◇土曜日は15時以降、ビル入口が閉まっておりますので入口にてお電話頂きしだい解錠いたします。
ara-20130422.jpg
青葉、若葉、新芽の萌黄が映える季節に『あらかわ画廊』はようやく、そして、もう十歳になりました。京橋に企画画廊として開廊し、今日まで何とか前に進むことができたのも皆様のあたたかい励ましとご支援のお陰と深く感謝申し上げます。

そして今回、画廊との縁も深く、今年の日本藝術院賞を受賞されました佐藤哲先生の作品展を開催致します。ぜひとも、ご高覧いただけますよう、お願い申し上げます。

2010/1/3 日曜日

新春特別企画 佐藤哲・山名將夫 2人展

Filed under: 絵画, 二人展, 記念展 — mayumi @ 8:38:29

ara-2010-0107-s.jpg

2010年1月7日(木)から22日(金)
AM11:00からPM6:30(日曜祝日休廊・最終日5時終了)

なお、土曜日は15時以降、ビル入口が閉まっておりますので
入口にてお電話頂きしだい解錠いたします。

□ 佐藤哲・山名將夫 2人展 □□

「縁尋機妙」縁が縁を呼んで幸運を招くテーマを昨年日展にて文部科学大臣賞を受賞した佐藤哲と
日展会員の山名將夫の2人展を開催いたします。迫力と繊細、才能溢るるふたつの個性が響きあい、
溶け合う魅惑の新作展です。
是非ともご高覧賜りますよう、お願い申し上げます。 荒川みはる

□□□
冬期休廊のお知らせ: 12月26日(土)から2008年1月6日(水)

1月7日から営業いたします。

2009/7/7 火曜日

移転記念 ドローイングスフィフティーン

Filed under: 記念展, ドローイング — mayumi @ 13:38:10

2009年7月13日(月)から24日(金)
AM11:00からPM6:30(日曜・祝日休廊) 最終日5時終了
ara-2009-0713.jpg

あらかわ画廊が新たな空間を求めて移転する。その移転記念として画廊ゆかりの画家15人が
ドローイングの技を競うこととなった。当代を代表する画家達が改めて現代美術の中で
希薄化しつつある(線)に命を与え、その魅力を披露する。
御子柴大三

2009/2/25 水曜日

花満開の時展 II

Filed under: 絵画, 記念展 — mayumi @ 21:44:28

2009年3月2日(月)から14日(土)
AM11:00からPM6:30(日曜休廊) 最終日5時終了
ara-2009-0302.jpg

花弁が散った後しばらくして蕊(しべ)は いっせいにはらはらと舞い落ちる。
満開の時が過ぎその後のサクラにも美を見いだす。和の神髄かもしれない。
2回目となる今回、画廊ゆかりの若手作家たちによる春の風情にまた酔わされて
みたいと思います。ぜひ、ご高覧いただけますよう。 荒川みはる

出品作家
上野 瑞香、小原 京美、大関 摩都花、京谷 美穂、
鈴木 伸子、高崎 昇平、田中 里奈

2009/1/26 月曜日

タテモノ・フウケイ展

Filed under: 絵画, 記念展 — mayumi @ 11:15:11

2009年2月2日(月)から14日(土)
AM11:00からPM6:30(日曜休廊)
11日(水・祝)は営業、最終日5時終了
ara-2009-0202.jpg
〈タテモノ・フウケイ展〉に寄せて 御子柴大三
昨年は佐伯祐三が亡くなって80年、ポーラ美術館を始めとして、各地で彼を偲ぶ
展覧会が開催されたが、佐伯はなんといっても、未だこの国において建物、風景画の
第一人者であったことにかわりはない。しかしながら、今その建物、風景に込める
思いは佐伯の時代から遥かに変貌してしまった、といえる。
詩としての真実に至るための虚構としてのタテモノ、孤独な少年期に培った形への
夢としてのタテモノ、人生の晩年そのものに喩えていい年月を重ねたタテモノ、
過ぎ去りし青春の呟きが聞えるフウケイ等々、5人のタテモノ、フウケイの力作を
是非御覧下さい。

2008/8/30 土曜日

生き物のいる絵展 III

Filed under: 絵画, 記念展 — mayumi @ 22:02:33

2008年9月1日(月)から13日(土)
AM11:00からPM6:30(会期中無休) 最終日5時終了ara-2008-0901.jpg
水産白書で春はカツオ、夏はスルメイカ、秋はサンマ、冬はブリと季節ごとにお薦めの
魚介類を挙げてくれるご時世ですが・・・(日経コラム)日本人の魚離れが深刻である。
生き物の中で日本人にとって最も深い縁で結ばれている魚たち。魚をたべろというなら、
川や海を守ってやらなければいけない。

出品作家
浅見哲一、安藤真司、北見隆、平澤重信、深津真也

2008/5/22 木曜日

開廊5周年記念 平澤重信の仕事展

Filed under: 絵画, 記念展 — mayumi @ 1:10:50

2008年6月2日(月)から21日(土)
AM11:00からPM6:00(日曜休廊) 最終日4時終了
ara-2008-0602s.jpg
平澤さんの絵は団塊世代の郷愁を誘う。彼は我が世代の少年時代の
夢を紡ぎだすように、憧れであった自転車を、昔は町の其処此処に
見かけた煙突を、心待ちにしていた巡回サーカスの道化師を薄暮の
空を背景によく描いていた。 そこには彼ならではの詩情が込められていて
惹きこまれたのである。 これらの題材はおそらく松本竣介への思慕から
来るものだろうが、昨今は更に人間精神の深層にまで手をのばそうと
している。今年彼も齢60。 社会人は定年の年であるが画家人生は
これからである。目指す画家の成就を期待したい。
御子柴 大三 (画廊散策人)

次のページ »

Powered by WordPress ME